マネジメントこぼれ話

二度と相談したいと思わない上司とは

過保護な上司は部下の成長を阻害してしまいます。だからと言って、部下の相談を何でもかんでも「自分で考えろ!」「お前はどう思っているんだ?」でも困ります。部下の年次、経験、役職、状況に応じて、部下からの相談には臨機応変な対応が必要です。経験値の浅い若手なら、

マネジメントこぼれ話

こころだって風邪をひく

厚労省作成の「こころだって風邪をひく」というメンタルヘルス予防のDVDがありました。普通に働いていたサラリーマンのAさんが、遅刻をしたり、一人で食事を取るようになり、さらにはボーっとすることも増え、服装も乱れてきて・・・。これはメンタルヘルスの初期かもしれないと、上司がAさんの

マネジメントこぼれ話

マネージャーに必要な右脳と左脳

あなたは右脳利きですか? それとも左脳利きですか?「なんでもいいじゃない。だから何よ!」と思うかもしれません。いえいえ、自分が右脳派なのか左脳派なのかをしっかりと見極め、苦手な方のトレーニングを積むことが実はマネージャーには必要です。私はスーパー右脳です。場の空気を察知

マネジメントこぼれ話

早口な人は損をする

以前から「いいな~」「受講したいな」と関心があった講座のオンライン説明会に参加しました。が!5分と持たずに、ウェビナーから退出してしまいました。理由は、「話をしている人が、とてもとても早口だったから!!!」です。限られた時間で必要な事は全て伝えたい。だか

マネジメントこぼれ話

「リーダーは〇〇でなければならない!」は手放そう

「整えるのを忘れました」と照れ笑いしながら口紅なしのまま会見を行った小池東京都知事には、その後、好意的な意見が多く聞こえてきます。(ご参考ニュースはこちらから)私もあのニュースを見た時には、「身だしなみ整えるのも忘れるほどに忙しいんだ」「そのまんまで続けるところが潔い」と思いま

マネジメントこぼれ話

正論だけでは人は動かない

「会社は学校じゃないんだよ!お給料払ってるんだよ!教えてもらってないとか、説明してもらってないとか、そう思うんだったら自分から学ぶ、教えを乞う、説明を求めるとかしたらいいんじゃないの!だいたい、モチベーションが下がってどうしようもないとか言ってる時点で社会人失格

マネジメントこぼれ話

五十六メソッド

メンバー育成には順序があります。① 部下に代わって◯◯する。(手本を見せる。イメージさせる。)↓② 部下に対して◯◯する。(やり方、スキルを具体的に教える)↓③ 部下と一緒に◯◯する。(どれくらいできるかの見極めやフォローなど

マネジメントこぼれ話

種のお話し

その昔、私がブラックマネージャーだった際に、上司に諭すように聞かされた「種のお話」日当たりの良い肥沃な花壇にお花の種を蒔きました。お水やり、草をむしり、綺麗な花が咲くことを願って、毎日毎日世話をします。数日して、一つ芽が出て。翌日になると、また芽が出て。どんどんと芽が出て、茎が

マネジメントこぼれ話

お客様に育ていただくために必要不可欠な事

月一回の美容院は私の休息の場所でもあります。担当のスタイリストさんは大ベテランの店長さんですが、「今日シャンプーデビューです」とか「ヘッドスパデビューです」というスタッフさんがよく私のケアをしてくれます。「尾藤さんだったら安心して頼めるから」と店長さんは言うのですが、そ