マネジメントこぼれ話

フィードバックをする側の大切なスタンス

昨年から新たな分野の学習に取り組んでいますが、それを自分のモノとすべくアウトプットをした際、コーチからフィードバックを受けました。自分でも全くダメダメ感があり、うまくできていない自覚がものすごくあったのですが、コーチが私にフィードバックした際、言われた内容以上にしっくりこない

マネジメントこぼれ話

マネージャーに必要な右脳と左脳

右脳派だとか左脳派だとか、そんな風に考えることが以前はとても嫌でした。「なんでもいいじゃない。だから何よ!」と思っていたのです。しかし、この頃は違います。自分が右脳派なのか左脳派なのかをしっかりと見極め、苦手な方のトレーニングを積むことが特にマネージャーには必要だと痛感してい

マネジメントこぼれ話 リーダーシップ

茶の湯から学んだマネジメントのあり方

半年間通った初心者茶道教室も卒業茶会を無事終え、来月からは先生のご自宅での本格的お稽古が始まります。朝、昼、夜と三部に別れての初心者教室でしたが、お稽古を継続する生徒さん達の多くは、多少遠くても、今回ご指導いただいた青井先生の一門に入ることを強く希望しました。中には片道1時間

マネジメントこぼれ話

私にとっての最高の褒め言葉

「尾藤さんのように強くて優しいリーダーになりたい」と外資系HRで頑張っているAさんからコメントをもらいました。今の私にとっては最高の褒め言葉です。涙が出そうに嬉しかったです。つい数年前なら、こんな風に言われても全く響かなかったと思います。いえ、そもそもこん

マネジメントこぼれ話 禅語から学ぶ

禅語から学ぶ~喫茶去 

卒業茶会に向けて私たちグループの練習にも熱が入ってきています。当日の私の役割は半島。お点前さんをサポートし、お客様に気持ちよくお過ごしいただくためのおもてなし役を務めます。お茶会当日のお軸は孤蓬庵 宅厳和尚の御筆で「喫茶去」(きっさこ)に決まりました。一期一会

マネジメントこぼれ話 リーダーシップ

抱え込まずに任せてみる

「なんでも一人で抱え込まずに誰かに任せてみたらどうですか?」朝ドラ「べっぴんさん」で主人公のすみれが夫の紀夫さんに言った言葉です。二人の会社キアリスが赤ちゃんへのノウハウを映画化することになり、紀夫さんが監督を務めるのですが今一つの様子。逆に、ひょんなことからサポートに入

マネジメントこぼれ話

他責くんの気持ちがわかります

人材・組織開発の仕事をしていると、お客様からチームや社員の方たちに対するフィードバックを求められることがしばしばあります。そんな時は、「評価」にならないよう言葉を選びながら、それでも感じたことは素直にお伝えするようにしています。「私はこんな風に感じました」「こういうところ

マネジメントこぼれ話

評価の季節に思うこと

米国では大手企業が人事評価を止める動きが相次いでいるようですが、日本では3月は年度末、評価査定の時期です。上がった人、残念ながら下がった人。悲喜こもごもの想いが乱れますが、結果を伝える上司の側にもいろいろな思いがあります。昇給昇進を伝えるときは、「よく頑張った