マネジメントこぼれ話

「何のために」聴くのかを考える

マネージャー研修で傾聴トレーニングをプログラムに入れることがよくあります。その際、よく聞こえてくる声として「自分に興味のない話だと聞くのが苦痛」「結論から言ってほしいのに、話があっちいったりこっちいったりで、イライラする」「忙しくて時間がないからゆっくり傾聴してい

マネジメントこぼれ話

「問題がない」ことは問題である

研修冒頭、いつも自身やチームの「課題」や「何とかしたいと思っていること」、「もっと良くしたいと思っていること」を洗い出してもらい、それをベースに研修で何を持って帰りたいかの動機づけを図るようにしています。ところが先日のマネージャー研修において、「特に課題はありません。」と堂々

マネジメントこぼれ話 リーダーシップ

正解は一つではない

人や組織の育成に関わることに限らず、世の中、多くの物事において「正解は一つ」とは限りません。特に現在のような世の中の変化があまりにも激しい時代、今日の正解が明日は??? ということは当たり前に考えられます。そのため、私たちはつねに認知バイアスに捉われない柔軟な思考が求めら

マネジメントこぼれ話

メンバーの「特徴」を理解する

宅配便を出しに近所のスーパーのサービスカウンターを利用しています。通常1人体制のようですが、曜日や時間帯によって混雑している時2人体制の時もあるようです。小さな袋包を知人に送るためにこのサービスカウンターを訪れたところ、順番待ちになっていました。この日

マネジメントこぼれ話

「牢働」ではなく「朗働」へ

この10年間、仕事におけるモチベーションはずっと停滞したままだという方とお話しする機会がありました。詳しく伺ってみると、「チームの関係性が良くない」とのことでした。さらに詳しく聞くと、上司と先輩の2人がワンマンで、自分の考えや感情を表に出すと酷い目にあった経験がありそ

マネジメントこぼれ話

メンバーに遠慮して言いたいことを言えない部長さん

先日のリーダーシップ研修において、お若い部長さんがポロリとつぶやきました。「メンバーの言うことが『違う・・・』と思っても、相手との確執が怖くて自分の言いたいこと、本音を言えないんです・・・」あぁぁぁぁぁ・・わかるわかる、わかります。こんなスーパーブラックだった私でも、

マネジメントこぼれ話

扱いづらいメンバーだった時のお話し

いつもマネジメント側の視点での投稿ばかりですので、今日はメンバー視点での投稿です。私、マネージャーとしてはかなりのブラック時代を永く過ごしましたがメンバーとしても、上司から見て決して「扱いやすい」メンバーではなく、どちらかと言うと、「部下にしたくない」人材だったのではない

マネジメントこぼれ話

コミュニケーション下手の原因は?

一昨日の某企業様 部長研修でご相談を受けました。「うちのメンバーはコミュニケーション能力がとにかく低いのですが、どうしたもんでしょうか・・・」その部長様は研修時においてもとても雄弁で常に堂々とご自身の意見をおっしゃっている方でしたがご相談を受けたん時にはションボリ