インフィニティについて 誰だって変わることができる

手放すことで何が手に入るのか?

「毎日書く!」と決めて、2017年2月6日から書き続けたブログですが、一旦、「毎日書く」を手放すこととしました。これからは、「毎日書く」ではなく、「必要な時に書く」に変更です。1500日間書き続けたのに、それを中断させることに躊躇がなかったわけではありません。「

インフィニティについて

私は「感情のコーチ」です

「由佳さんのコーチングは、クライアントさんの感情を丁寧に扱って、そこからモヤモヤや違和感、障害を取り除いたり、モチベーションにつなげていったりするのですね。」先日、共にコーチングを学ぶE子さんからこんな風な「お褒め」の言葉をもらいました。特に意識していたわけでは

インフィニティについて

成人発達理論

成人発達理論とは、「知識やスキルを発動させる根幹部分の知性や意識そのものが、一生をかけて成長・発達を遂げるという考え方のもと、人の成長・発達のプロセスやそのメカニズムを解明する学問」のことです。(加藤洋平著『なぜ部下とうまくいかないのか』より)そして、その意識構造には「

インフィニティについて

私にはバイブルがある

マネジメントにおいて感じるストレスの一つに、マネージャーの期待値に対して、メンバーがなかなかそこに達することができない、もしくは、そもそも期待値を満たすポテンシャルに欠けていて、それを望むことが難しい、などがあります。それが新入社員や若手であれば、時間をかけてゆっくり育

インフィニティについて

共創活動がうまくいくコツ

ホームページをリニュアルしました。「共創」において、それは公私に関わらず例えば、メンバー育成、お客様への貢献、社内プロジェクト、子育て、レジャーの計画など、「何かを生み出す」という観点で言えば、自分一人の単独活動以外、他者が関わる全ての社会活動は「共創」であり、お相手の行為があ

インフィニティについて

「教える」のではなく「育む」人

「教育」とは教え、育むこと。「教える」とは知識や技術、スキルなどであり、それらはEラーニングでも可能である。一方、「育む」とは、一人一人に対し、その人が持っている可能性を引き出し、それを大きく花開かせることであり、当然のことながら、それぞれ育むものは人によって異なる。

インフィニティについて ストーリー

創業の想い

すべての人には無限の可能性がある!かつて、強力なブラックマネージャーだった私は、多くのメンバーの成長を阻害していました。そのような自分を変えたいと試みましたが、永年の間にしみついた考え方や行動は簡単に変えられるものではなく、プロのコンサルタントにさえ匙を投げられる有様で

インフィニティについて

エグゼクティブ向けオンラインサロン 絶賛計画中!

自分では普通と思っていたけど、最近、色々な方に評価いただくことの一つに、「本質へ切り込む」ことがあります。とは言っても、特別に大げさなことではありません。メールやチャットでのやり取り、オンラインでのやり取りなど、人が何か言葉を発したり、人と人との会話だったり、あらゆる場

インフィニティについて ストーリー

ビジネスとは人脈

スタートアップでせっかくのお仕事をお断りするという残念な出来事があったとはいえ、企業1年目は自分でも怖くなるくらいに順調な1年でした。当時、お世話になった税理士さんからは、「1年目でこれだけの利益が出るのは珍しい」と仰っていただきました。綿密に計画を立ててスタートしたわけでもな

インフィニティについて ストーリー

お客様でも応えられないことはある

突然に始まった私の起業ですが、ありがたいことに、スタート時点から5社のお客様とのお取引を頂いていました。そのうちの1社様から、ある日、こんな申し出を受けたのです。「今、お願いしているコーチング案件について、報告内容を全面オープンにしてほしい。」さらに、「ISOやPマーク