人に動いてほしいと思ったら、コレ!しかありません。

マネジメントこぼれ話

今日の朝ドラ 夏木マリさんは名言オンパレードでした。

中でも私的にビンゴ!!!だったのは、

「みんなのためになる事を考える。そうすれば人は動く!」

です。

もうね、当たり前と言えば当たり前なのですが、
行き詰ったり、迷ったり、そうした時に何を、どこを見ているかといえば
「みんなのため」ではなく、
誰かだけのためだったり、損得バランスを考えたり・・・。

違うんですよね。

みんなのため!
誰かに偏ったり、誰かだけだったりでなく、みんなのため!
三方良し? 四方良し? 五方良し?
要は、関わる人たちみんな です。

私だったら
会社、お客様、メンバー、パートナーコーチ、もちろん私。

営業マネージャーだったら
自分、チーム、メンバー、お客様、関係他部署、協力会社 等々。

どこかに利害が偏るから行き詰ったり
小さな罪悪感からおかしなコトが生まれたり。

そうではなく、「みんなのためになること」を考える。

まさに人としての基本、ビジネスの基本、生きる基本です。

「うちの利益は減ってしまうけど、
この方がみんなに仕事があって嬉しいし、
樹も無駄にならなくていいし、
(もちろんお客様のニーズにマッチする結果を出せるし)
自分たちがぜひやりたい仕事ができるし」

一番下っ端のモネちゃん(役名)の提案に、
動き出す上司やレジェンドと呼ばれる長老たち。

「安易に年長者の意見に乗っからない。
素人がバカなこと考えて突き進むから
ブレイクスルーが起きるんじゃないの。」

モネちゃんの「みんなのため」アイデアを引き出したのは、
やはり、夏木マリさん(ここは役名じゃない💦)のこの名言。

こんな上司がいたら最高だ!
と思い、
こんな上司になるぞ!
と思った朝でした。

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。