禅語から学ぶ~脚下照顧

禅語から学ぶ

脚下照顧(きゃっかしょうこ)

文字通り、「自分の足下をしっかりと見ましょう」という意味です。

自分のことを棚にあげてよく言うよね
言ってることとやってることと違うよね

こんな言葉、あなたの耳に届くなら、それは文句を言うよりもありがたいと思うべきです。
多くの場合、立場が上になればなるほど、耳に痛い言葉は聞こえなくなり、ややもすると裸の王様へまっしぐら、などということになりかねません。

だからこそ、常に自分を振り返り、足下を見つめ、「それで大丈夫?」「それで恥ずかしくない?」「それで後悔はない?」と自分に問いかけていたいものです。

人はある意味、自分のことが一番わかっていないかもしれません。
年齢を重ねるほど、ポジションが上がるほど、本当の自分が見えづらくなるかもしれません。

だからこそ、脚下照顧
謙虚に真摯に自分を見つめたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

  2. 実力って・・・

  3. 紙パンツを経験してみた

カテゴリー

アーカイブ