マネージャーは第一に自らを整える

マネジメントこぼれ話

やる気のないメンバーのモチベーションをどうやったら上げられるのか
そんな質問をよく頂きます。
答えは簡単!
マネージャーがメンバーのモチベーションを上げてあげることはできません。
えぇぇぇぇ・・・・
と泣きが入りますが、無理なものは無理。
あなたが誰かのモチベーションを上げることは、それがどんなに素晴らしいスーパーマネージャーであってもできないのです。

けれども、モチベーションを上げるお手伝い、サポートはできます。
逆に、モチベーションを下げることもできます。
マネージャー(あなた)の行動、関わり方いかんでメンバーや周囲に良くも悪くも何らかの影響を与えることができるということです。

もし、マネージャーが何ら一切チームに影響を与えてないとなると、それはもう寂しすぎます。
存在価値が問われます。

同じ与えるなら良い影響を与えたいもの。
けれどもね、良い影響を与えたいと願うなら、まずはあなた自身が元気でなければいけません。
「僕のモチベーションもお願いします」と苦笑いで、しかし本気で懇願のマネージャーさんが実は多いのですが、それは、自分が落ちていたら良いエネルギーを発せられるわけなどないことを、ちゃんとわかっているということですね。

もし、チームがどんよりしていたら、まずは自分自身のメンタル健康度やモチベーションを振り返ってください。
あなたのどこかにチェックポイントがあるならば、あなたのどんより空気がチームにネガティブオーラを発しているのかもしれません。
まずは自分を整えましょう。
あなたのどこにも問題はなくヤル気満々、健康度100点満点で、はじめてメンバーにも良い影響を発することができるというものです。
但しそれは、正しく適切な関わり方があってのことです。

まずは自分を整えましょう。
リーダー、マネージャーは大変なのですよ。
ですから、周囲にあーだこーだと言う前に、まずは自らを常に整えましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 実力って・・・

  2. 紙パンツを経験してみた

  3. 目的は何?

カテゴリー

アーカイブ