禅語から学ぶ~看脚下

禅語から学ぶ

足下を見よ!

そのまんまですね。

衿を正しなさい。

知っている、分かっている、できている

と思い込まず、常に我が身を振り返りなさい。

小骨が喉の奥にひっかかったようにしっくりこなかったコトが、案の定(?)、ちょっとしたトラブルとなって芽を出しました。

ほんの少しの手間を惜しんだ結果の自業自得です。

看脚下

常に謙虚に、手間を惜します、常に我が身を振り返りながら、恐れず前に進みたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。