今こそ問われるマネージャーの力

マネジメントこぼれ話

テレワークや自宅での仕事が推進、余儀なくされている昨今、
「これではマネジメントができない・・・」
と嘆きともボヤキともつかないご相談をいただきました。

「どうしてマネジメントできないの?」
との私の問いに、

「だって、全く目が届かない状況で、管理できないじゃないですか!」

とのことでした。


マネジメント=管理すること

と解釈した場合、難しいかもしれないですね。
けれども、そもそもそれが間違いなのです。

だって、

マネジメント‡管理すること

マネジメント=信頼すること

だからです。


共通の目的のために目標に向かうメンバーは
「労働者」ではなく「パートナー」です。

労働者であれば管理監督が必要かもしれませんが、
パートナーに果たしてそれは必要でしょうか。

パートナー間に必要なのは、互いの信頼関係
一層深い相互理解と相互援助の気持ちです。


物理的距離が離れていても信頼関係を築き、
互いを理解し、互いを助け合うことが自然にできる
そのためにマネージャーはどうすればよいのか

それが今、マネージャーに求められていることではないでしょうか。


管理しようとすればするほど、物理的距離に比例するように
メンバーの心は離れていくでしょう。
そうではなく、
離れているからこそ心を配らなければならないコト

困っていることはないか
サポートしてほしいことはあるか
情報はできるだけタイムリーに伝達する
メンバーの声を言葉で理解するのではなく心で聴く


ん? んんん?

特別なことではなく、普段から必要なことばかりです。
つまり、今こそ、真のマネジメント力が求められているということですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。