自分勝手で良いのです!~ジブンゴト化のススメ

マネジメントこぼれ話 組織開発 誰だって変わることができる

「僕は負けず嫌いなんだ。いつだって一番になりたい。
だから、このチームも会社模範、グローバルスタンダードになるチームにして、『あのチーム作ったの、あいつらだぜ』と言われたいんだ。」

熱く熱く語るTリーダーに対して、Tさんが熱くなればなるほど周囲は退いていきます。
それに気がついたのか、Tさんが我に返って私に聞きました。

「これって、ただの自分勝手ですか?」

最近、急成長のTリーダー。
以前だったら、自分の話になびかないメンバーを責めていたのに、
今は、我が身を振り返ることができています。
会うたびにステップアップしているTさんをとても愛おしく思います。


Tさんのように思うことは、全然、自分勝手ではありません。
人は誰しも自分が一番可愛いものです。
ですから自分ファーストで構いません。
自分はどうなっても構わない。メンバーの幸せが一番なんだ。
というのは、どこかに無理があるし、
それらを突き詰めていった究極の所にはやはり、自分の幸せがあるのかもしれません。

しかし、だからと言って、その自分ファーストを前面に押し出して、
「みんなも頑張って!利他こそが美しい!」と言うのは、相手からしてみれば、
「自分の目的にみんなも協力して。付き合って。」
と強要されているように感じるかもしれません。

ですから

気をつけるべきは、「言い方」「伝え方」ともう一つ。
相手にとっての目的に紐づけてあげることです。
目指す目標はチームで1つ。
目標の末に手に入れられるコト(目的)は10人10様で構わないのです。


私は自分が常にゴキゲンで、幸せに包まれていたい。(私の目的)
だから、自分の大切な人(例えば両親)が不機嫌だと自分に影響するので、
大切な人がゴキゲンでいられるよう、介護に時間を費やす。(ここに具体的目標あり)

この具体的目標が「父が500m歩けるようになる」だったとします。
父からすると、その先の目的は、「大好きな街歩きができるようになる」かもしれません。
療法士さんからすると、「病院での昇格につながる」かもしれません。
母からすると、「自分の自由な時間が増える」かもしれません。

目標は唯一共通の「父が500m歩けるようになる」ですが、
その先の目的は、関わる人、それぞれがジブンゴト化して意味づけできれば
何通りあっても良いのです。
もちろん、そこにチーム共通の目的が存在することはいたって普通です。
それに100%コミットできて、前へ向かうことができるのであれば何ら問題ありません。
しかし、現実問題はなかなか難しいもの。
私も会社員時代、「世の中の幸せのために」と大仰なことを言われても、
全くピンとこず、「いやぁ、それよりもまず、自分でしょ」と思ったものです。
ですから、ジブンゴトとして、目的設定、つまり意味づけすれば良いのです。


Tさんの場合、「チームを会社の模範にする」という目標を掲げました。
この目標に対する彼自身の目的は、
「勝ちたい。1番になりたい。称賛されたい。」などがあります。
けれども、あくまでもこれは、Tさん個人のモノ。

例えばチーム全体の目的として、
「全員が今よりもそれぞれが望む方向へステップアップする」
と設定します。
これらに対して、メンバーそれぞれが、ジブンゴト化した目的を持てるよう(意味づけ)サポートしてあげるのです。

例えば、A君は、営業のエキスパートになって稼ぎたい!
A君の希望とチームの目標、目的はバラバラ分離したものではなく、
チームをNo.1にして模範にしていく中で、A君が営業エキスパートとして
必要なコトを学び、実践していくのです。
模範チームであれば、誰よりも稼ぐ=お客様からの信頼度が高く、リピート率が高い模範営業がいても不思議ではありません。
つまり、A君が模範営業マンを目指すこととチームの目標である模範チームとなることは
完全にリンクしており、A君がチーム目標のために頑張ることは、
すなわち、自分のために頑張ることと同義なのです。

BさんもCさんも、みんな、考え方は同じです。

肝は、ジブンゴト化することです。


冒頭のTリーダーは、その後、メンバーと面談を地道に続け、
チームを会社模範にすることと、
それぞれのメンバーのジブンゴト化を見事に紐づけ、
おまけに、「あのチーム作ったの、あいつらだぜ!」
という夢を共に見る、まさにドリームチームを創り上げ、
目下のところ邁進中です。

なかなかスタートを切れなかったTさんのチームですが、
全員が同じところを見つめて、
なおかつ、自分のためでもあるミッションに向けて走り出した、
そのチームは勢いもありますし、スピードも加速度的に増しています。
最初、戸惑っていたように感じても、
しっかりと土台を整えて発信した方が、結果的には順調に進むという証でもありますね。

「これって、自分勝手でしょうか?」

良いのですよ。
皆、自分は可愛いのですから。
ただ、それを相手に押し付けるのではなく、
相手がジブンゴトとして考え、行動に移せるよう、
それを丁寧にリードしてさえ上げれば、
チームは立派に機能するのです。

あなたは会社の目標、ジブンゴト化できていますか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 余裕がないのはムダがないから

  2. ダメ出しポイントは強みでもある

  3. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。