オンラインでも伝わる空気

組織開発

ある勉強会にオブザーブ参加させていただきました。
結論から言うと、私の限界値を超えてしまい、途中退出しました。

何の限界値か?

オンライン上に、マイナスイオン じゃなくって、
マイナスオーラが充満しきっていたのです。

「ふーん? じゃあ、どうする?」
「違うよ。へ~、あっそぉ。」

言葉を文字で見ただけではわかりませんが、
そこに気持ちが入ると、
それを受け取る相手、空間には、
ポジティブな空気感ができもすれば、
その逆も大ありです。

どこかで改善されるかな、とずっと待っていたのですが、
いつまでたっても改善される様子はありません。
その場にい続けることで、自分にネガティブオーラがまとわりつきそうで
だんだんと気持ちが滅入り、頭痛までしてきました。

オンラインのメリットとして、
「自分自身の表情、声色、話し方を客観的に受け取ることができる」
というものがありますが、
どうも、そこには至らないようで、
数人の方が醸し出す、
なんとも言えないマイナスオーラが場の雰囲気を支配していました。

きっと、それが当たり前になってしまって、
すぐに気がつくようなことでも、
見てはいるけど、見えていない、
聞いてはいるけど、聞こえていない、
完全に不感症に陥っているのだなと思いました。
おそらく、そこに気づくための、何かしらのきっかけが
意図的に作られない限り、気づきそうもない・・・
オンライン組織開発した方が、きっといい。
そんな雰囲気でした。

「オンラインでも組織開発できるんですか?」
とこんな質問をいただきますが、

できますともさ!!!

です。

組織開発=リアル現場

とは、いったい誰が決めたのでしょう?

実際、少しずつではありますが、私はリモートワークに主軸を置きつつある
企業様に、オンライン組織開発のお手伝いを、少し前からさせていただいているのですが、
リアルとは違った意味で、とっても面白いです。

オンラインでも十分に可能! と感じています。

勉強会で感じた、あの何とも言えない空気感。
そう、「場の雰囲気・空気」は、オンラインでも
十分に感じることが可能です。
そしてある意味、オンラインの方が、
ネガティブオーラの発信元がわかりやすかったりするから
実に面白いものです。

途中退出してしまった勉強会を振り返りながら、
人間って、本当に、どんなことからも学べるなぁ思いました。

あ~、気分悪い、時間の無駄だった!
と思ってしまえば、ただの時間浪費になってしまい、
イライラやモヤモヤのストレスだけが残りますが、
(それって、悲しすぎますよね)
「この現実から何を学ぶ?」と考えれば、
見えてくることは山ほどあります。

今回、私が気づいたこと、学んだことは、

「オンライン組織開発のさらなる可能性とヒント」

そして、人のふり見て我が振り直せ

でした。

オンラインでも空気感は伝わります。
もう、ビシビシと。
ハッピーオーラも、元気モードも、
とげとげお疲れイライラピリピリモードも、
全部伝わるのです。

まだリモートワーク真っ最中の方も多いと思います。

あなたの所はどうですか?
日々のオンラインミーティングを、
ただ、漠然と過ごすのではなく、
ぜひ、チームの空気感を味わってみてください。

そして、もし、これはちょっと・・・
と感じるようなことがあったとしたら、
オンラインでもできること、オンラインだからこそできることに意識を向けてみましょう。

「見て」「感じて」「気づいて」「考えて」「行動する」

あなたのチームがハッピーイキイキオーラに包まれた元気なチームであるために、
オンラインでもできることから始めて見ませんか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 余裕がないのはムダがないから

  2. ダメ出しポイントは強みでもある

  3. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。