マネジメント・グループコンサル 卒業式

活動記録

3カ月を1クールとして始まったマネジメント・グループコンサルテーション。
もう1クールをということで、半年間関わらせていただいたプログラムが
昨日、終了しました。

プログラムと言っても、毎回、こちらが用意したもので終始したことは一度もなく、
その時、たまたま起こっていたトラブル対応をネタにすることもあれば、
育成に困り果てているメンバーについてだったり、
誰か一人の問題だけど、それを個人の問題とせず、
全員の問題、私たちの問題とジブンゴト化して考えてもらい、
そこから気づきや学びをそれぞれが掴み取ってもらうという、
「私が大好き!」な、筋書きのないその場限りの本気モードセッションが
修了しました。

正直、初回始まった時、グループはバラバラ。
表面上は冷静を装っていても、関係性が10点満点中1点ある?
と言った感じでした。
(実際、彼らに自己採点してもらったら、2点とか言っていたような・・・)

そんな彼らが互いに学び、また学び、
時に私のキツーイ言葉を浴び、また学び、
最終回に互いに贈りあったメッセージに、私は涙が溢れ出そうでした。


Aさんの〇〇が羨ましい。自分もああいう風になりたい。それで、みんなから目標にされる人になりたい。

Bさんの目標がありありとイメージできて、聞いていた自分もそうなりたいと思った。

Cさんに「ついてきまーす」となんとなく思っていたけど、Cさんが目指すありたい姿を聴いたら、それも含めて、そういうCさんに「ついていきたい」と思ったし、Cさんの想いを聴いていたら、中計が腹落ちして理解が深まった。

僕もわからないことや迷うこともあって、そんな時、助けてほしいし、叱ってほしい。みんなそれぞれに僕にはない強みがあって、だから手伝ってほしい。


コメントだけ聞いたら普通に感じるかもしれません。
しかし、ほんの半年前まで、関係性2点だったチームが今、こんなコメントを
それぞれに発しているのです。

もはやこれは2点とは言わせません。
8点? 9点?

彼らのこの半年間の取り組み・努力に喝采を送らずにはいられません。

あいつらダメだ!
と諦めたらそれで終わり。
でも、共通の目的・目標を持つことで、犬猿の仲も良き同志に様変わりする。


10点満点とは言わないまでも、本当に素晴らしいチームに成長しました。

本当はもっともっと、彼らの成長を見ていたい。手伝いたい。
と思うのですが・・・。
それはこちらのエゴというもの。
巣立つ時、羽ばたく時が来たのであり、
自分たちで自走していかなければいけません。

悲しいけれども、寂しいけれども、
それもまた、私の役割でもあり、
彼らにしてあげられるラストサポートなのかもしれません。


今後、個別コンサルやお尻叩きはあるかもしれませんが、
マネジメント・グループコンサルテーションは、いったん終了です。
本当にありがとうございました。
一番学んだのは、気づきを得たのは、多くの事を手に入れたのは
きっと私なのだと思います。

みんな、ありがとう。
これからも私はあなたたちの最大の応援団長です!!!


コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. Needs と Wants

  2. お客様に育ていただくために必要不可欠な事

  3. 雑談から始めましょう

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。