私は私

その他

ひょんなことから、札幌の円山に登りました。
225mの可愛い山ですが、普通に街着でタウンスニーカー、大きなトートバッグを抱えた私は、
雨上がりでぬかるんだ道に何度も足を取られそうになり、バッグの重さも手伝って、
途中から汗だくになりました。

悪魔が囁きます。

もう、引き返した方がいいんじゃない?
山登りに着たわけじゃないんだから。
そんな格好で登るなんて、ちゃんと装備してる人達に失礼よ。

何度も途中ギブアップしかけましたが、何とか登りきることができました。

頂上から見下ろす札幌市街が輝いて見え、爽やかな風に癒され、疲れが吹き飛んでいきました。

やりきった人だけが味わうことのできる達成感、爽快感、満足感。
そんなものに包まれていました。

それにしても、どうして私は登りきれたのでしょう。

1つは、自分のペースだったから。
誰かに合わせるのでも、合わしてもらうのでもなく、自分のペースでいい。
だから、自分の心や身体の声をよく聞いて、自分のスピードでいけたこと。

これ、すごく大きかったです。

そしてもう1つ。
「こんにちは」「お気をつけて」の行き交う人達の声。
すでに登り終えて下山ですれ違う人。
追い抜いて、追い抜かれての人たちとの、何気ない声かけ。
1人だけど1人じゃない!
そんな風に強く思えました。

山登り成功の美酒の味は、私にはよくわかりませんでした、
何となく成り行きで始まったコト。
目標達成へはとってもキツかったけど、達成した時の幸せを事前想像は難しかったけど、
それでも投げ出さずにすんだのは、
「1人だけど1人じゃない」「私は私でいいんだ」
という思いでした。

不釣り合いな格好の私に冷ややかな目を向ける人もいました。
でも、私は私。

追い抜いて行く人達の中には、無言で一瞥の方もいました。
でも、私は私。

誰かと比べたり、競ったり、
それによって卑下したり落ち込むのではなく、

自分でいる。
自分である。
ということは、本当に大きなパワーになりました。

他の何でもない。
私は私。
それでいいのだ~

自分が自分であり続けることは、日常生活において、時に、困難な時もあります。
それでもやはり、どんな時も
、自分であり続ける。

それが、結局は、ゴール達成への一番の秘訣なんだと思いました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 実力って・・・

  2. 紙パンツを経験してみた

  3. 目的は何?

カテゴリー

アーカイブ