ブラック脱出方

人間力

最近、新たな出会いが多い私です。
自己紹介などで、過去の私のブラックマネージャー時代のアレヤコレヤをお話しすると、
皆さん一様に、「え~ 想像できない~」と仰ってくださいます。

以前も、このような反応がなかったではありませんが、
「さっき、ちょっと過去の片鱗が見えたかも💦」
などとコッソリ言われることもありました。

しかし、この頃は、「見えないよ~」とおしゃっていただけます。
そして次に聞かれるのが必ずこの質問。

「どうして?」と「どうやって?」 です。

「どうして?」は、どうして変わろうと思ったか?きっかけは何か? などです。
「どうやって?」はいわゆるHow to 部分です。

そして、皆さん興味があるのは、「どうやって?」の部分が圧倒的に多い。
なので今日は、その種明かしをいたします。

「生き方」を変えたのです。

それまで、私は自分自身(いわゆる素のありのままの私)と、マネージャーの私を切り分けていました。
意識していたわけではないのですが、結果的にそうなっていたのです。
ですから、プライベートのボーっとした私しか知らない友人は、
仕事をしている私は想像できないみたいだし、
仕事上の私しか知らない仲間たちは、プライベートでのお間抜けな私は
全くイメージできないようでした。

で、私は生き方を変えた。
つまり、切り分けるのをやめて、
「どんな時にも自分が好きな自分でいよう」
と決めたのです。

プライベートではもちろんのコト、
メンバーの事でイラっとした瞬間も、
締切に追われて眉間にしわが寄りそうな時も、
どんな時にも、「自分が好きな自分」でいる。
そう生きる! と決めたのです。

そうしたら~~~~

自然とブラックからサヨナラできました。
だって、ブラック状態は、好きな状態ではありませんから。
私が選んだ「好きな自分」は、ゴキゲンな自分。
自分自身がゴキゲンと感じる、その具体的中身を洗い出して、
そこに意識をフォーカスする。
どんな時にも常に「自分が好きな自分」をイメージし、
デスクに鏡を置いて、イラっとした自分の鬼の形相を見ては
いかんいかんと修正したり、そんなこんなで生き方を変えたら
マネジメントも自然と変わってきたのでした。

これ、マネジメントだけでなく、全てに当てはまると思います。
子育ても、介護時も、ご近所づきあいや、保護者会などの場面でも。
ブラックではなく、ひたすら我慢状態とか、モヤモヤ状態とか
いろいろあると思いますが、とにかく快適でない状態からの脱出。

キーワードは「生き方」です。
あなたが好きな自分で生きる。
それが結局のところ、あなたも、あなたの周囲も心地好い状態になれる
最善の方法だと思っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。