意外と知らない自分の強み

誰だって変わることができる

朝ドラを見ていると、幼い頃の古関裕而さん役の子役ちゃんが、
お友達にこんな事を言っていました。

「人よりほんの少し努力することが辛くなくて、
ほんの少し簡単なコト。
それが得意なコトだって、先生が言っていた。」

そうです。その通り!
でも思うのです。

人よりも辛くないとか、簡単とか、
普通はわざわざ比べたりもしないですから
気がつかない、分からないのでは、と思うのです。

更に!
得意なコト、強みというのは、
つまり、辛くないとか、簡単とか、
本人にとっては「当たり前」の事なので、
普通にできていたり、それこそほんの少しの努力でできてしまう、
つまり、苦労したり、困難を乗り越えて、
といったものではないので、
「得意」とか「強み」という風には感じない、分からないのではと思うのです。

例えば、私は色々な方から「よく気が利く」とお褒め頂きます。
けれども、私的には、全く「気が利く」というのがわかりません。
私にとってはいたって普通のことで、
わざわざ意識して周囲を観察したりしているわけでもなく、
ただ、センサーが反応するだけなのです。

例えば私の友人は、とても面倒見が良くて、みんなが慕う姉御肌。
ところが本人は、「面倒見が良い」という感覚は全くなく、
ただ、自分がそうしたいからしているだけだと言います。
彼女の面倒見の良さ、懐の深さはもう、天下一品の強みであり個性だと
誰しもが認めるところですが、当の本人は不思議顔。
「そう? 面倒見いい? うるさがられてないかと心配なんだけど。」
と笑います。

得意や強みは本人にとっては、「当たり前」に近いことなので、
他人よりもどうかということすら気がつかず、
したがって、自分では得意・強みと気がつきにくい、
他人から言われて初めて「そうだ!」とわかるものなのかもしれません。

「え~? そんなことないよ。」
と否定するのではなく、
「そっかぁ、これは私の強みなんだ。」
と素直に受け止めて、パワーアップさせていくのが良いのでしょう。

「私、強みとかないです・・・」
と下を向いているあなた。
それは、あなた自身が気づいていないだけで、
他人から見たら、あなたの輝く部分は必ずあります。
だから、他人から「ここが強みだね。」と言われたら
謙遜や否定はしないで、素直に受け止めましょう。

誰にだって強みはある。
ただ、意外にも自分では気づいていないだけなのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. Needs と Wants

  2. お客様に育ていただくために必要不可欠な事

  3. 雑談から始めましょう

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。