フィードバックを下さい

誰だって変わることができる

自分を大きく見せようと肩ひじ張って生きていた頃は、
フィードバックをもらうのが正直怖かったです。


良くないことだったらどうしよう。

ダメだしされるの嫌だな。

こんな思いがフィードバックを受けることを嫌がっていました。


今、私は「フィードバックお願いします!」が
心からの言葉として普通に出てきます。

例えば、新たに導入されるオンラインワークショップ。
できうる限りの準備をして、最善を尽くして、
それでも私もお客様にとっても初めてのコト。
自分独りよがりではいけません。
客観的視点があって、初めて、改善へのヒントも
より良いものが得られるというものです。

そうしたら、みっともないとか、ダメ出しとか、
そんなちっちゃなレベルで物事判断するのではなく、
より良いものをご提供するために、
受講の皆さんのためはもちろん、
私自身のためにも、
フィードバックが欲しくてたまりません。

「終了後、フィードバックのお時間をお願いいたします!」
とお願いして歩いている感じです。


そして、そんな自分を今さらながら愛おしく感じます。
もちろん、「イマイチだね」とか「あれはダメだよ」などと、
そんなコメントを頂いたら、それは残念だし、
多少なりとも落ち込むかもしれません。
でも、それも含めて未来への「ビックリ水」だと思ったら、
受け入れることができるのですから、
私も少しは成長したのかなぁ、などと自画自賛しています。


今、この瞬間の気持ちの良さだけを優先させるのではなく、
これから先の未来のハッピー、自らの成長を求めるのなら、
やっぱりフィードバックはありがたくいただきたいと思うのです。

この頃、私の周囲には、「適切なフィードバック」を
送ってくれる人がたくさんいて、
そこからの気づきや学び、改善へのヒラメキが溢れてきて
ありがたくて仕方ありません。

フィードバックを下さい!
私、もっと成長したいので。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. Needs と Wants

  2. お客様に育ていただくために必要不可欠な事

  3. 雑談から始めましょう

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。