「やる」と「やってみる」~言葉が未来を創る

誰だって変わることができる

行動計画を口にする時、新たな方向性について語る時、
「〇〇をやります」という方と「〇〇をやってみようと思います」
という方では、決定的な違いがあります。

「やってみようと思います」という方は、
結果が出ないことが多いです。
「やります」という方は、
紆余曲折があったとしても、想定より時間がかかったとしても
何かしらの結果が出るところまで行きついていることが多いです。

一体何が違うのか。
最初の決意表明の「やってみる」と口にした時点で、
「だめかもしれない」「途中で変更するかもしれない」
「とりあえずお試し」のような、
意識してかしないかは別として、潜在意識にそのような気持ちが
きっとあるのだと思います。

言霊を私は信じています。
意識せず口にした言葉ほど、その人の本音が表れているものです。
「やってみる」と口にした時点で、
その決意は「さほどではなく逃げがどこかにある」のです。
「やる」と口にした時点で、
心には決意表明がなされ、
できなかった時の言い訳ではなく、
どうやったらできるかの思考になっているのでしょう。

この不思議な法則に私が気づいた時、
言霊の影響力の大きさを信じた時、
私はふと口にした言葉こそ潜在意識の表れだと思い、
「それってどうなの?」と思える言葉を発してしまった時は、
それが例え心の中の独り言だったとしても、言い直すようにしています。

それはもしかしたら、ちょっとした自己暗示に近いのかもしれません。
でも、自己暗示で物事がうまくいくのなら、
そんなやり方も大いにありですよね。

「やる」と「やってみる」
結果を出したいのなら、「やります!」と言い切りましょう。

そう!あなたの言葉があなたの未来を創るのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。