生きることはカッコいいことばかりじゃない~ムトトが教えてくれたこと

人間力

かつて見たNHK「ダーウィンが来た」のライオン一家のストーリーが
悲しくも私は大好きで、録画したDVDを今でも時々みることがあります。

百獣の王ライオン一家のサバンナでの厳しい現実。

雨季が1ヶ月も遅れ、川が消えたために起きている、動物達への深刻な影響。

ムトトの一家は獲物を追って、ようやく水牛を仕留めますが、その代償はあまりにも大きく、
ムトトは後ろ足に大きな怪我を負ってしまいました。


治らない怪我。
後ろ足を引きずり、ようやく歩いているムトト。
それはそのまま、ムトトに未来がないことを意味します。

それでも、生きる事を決して諦めないムトト。
何度見ても、ボロボロ涙を流しながら、画面の中のムトトを必死で応援せずにはいられません。

生きる事って、決してカッコいいことばかりではなく、惨めで情けない事や、やりきれない事など、色々な事があります。
しかし、常に前を向いて、がむしゃらに生きる事がどんなに大切か、それはどれだけ美しいか、いつもムトトが思い出させてくれるのです。

天国では元気に走り回っているかなぁ?
ありがとう、ムトト✨

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 雑談から始めましょう

  2. SNS投稿でイラっとするのは

  3. 他部署のメンバーを注意できますか?

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。