「正しい」振返り していますか?

活動記録 誰だって変わることができる

仲良くなった友人のコーチング。
とってもおしゃべりな彼は、私が何か質問すると、
間髪入れずに「あ、それはね」と話を続けます。

「あのね、今、振返りしているからね」
と私がその先の言葉を続けるその前に、
「あ、僕ね、昔から振返り得意で!」
と来たものですから、私の小爆弾が彼に落ちました。

思いついたことをすぐ口にするんじゃない!
そんなの頭や心の表面に浮かんでいる上澄みをすくっているだけ。
そうじゃなくって、奥深く、一番深い所に沈んでいるモノ、
まだ気がついていなかったり、見たくなくって隠していて忘れていたり、
そういう深ーいところまでしっかりと見つめるの。
だから、なんでもかんでもすぐ口にするんじゃなくって、
ちゃんと考えて!!!

私の小爆弾の効き目は抜群だったようです。

「だったら僕は今まで、振返りなるものをやったことはないんじゃないか・・・」
と呟き、それ以降は、
10分間の沈黙(彼のThinking time) ⇒ 私の質問 ⇒ 長ーい沈黙
と繰り返し、ついに、50年もの間、心の奥底に彼が封印していたものを
彼自身が自分で引き揚げて解放することができました。

「こうやって考えていくんだ・・・」

涙と笑顔でぐしゃぐしゃになったその表情には、
少年のように純粋で真っ直ぐな気持ちが表れていました。


振返りの力って、本当にスゴイのです。
しかしそれは、「正しい」振返りをしなければ意味がありません。
上澄み液をひょいとすくうだけでなく、
しっかりと奥底に沈んでいるものまですくいあげる。
そのためには、自分で自分に何度も何度も問いかける、
なぜを繰り返して問いかける、
一人で難しければ他者の力を借りてみる、
などが効果的です。


それにしても、彼の沈黙、最長12分。
よくも待つことができたと、自分でもビックリです。
彼だけでなく私自身も長いとは感じなかったし、
待っている間、気持ちは寄り添うことができていたと思っています。

コーチングを覚えたばかりの頃は、本当にこの沈黙タイムが苦手だったのに、
今ではいくらでも待てる気がします。
どうしてだろう???

良いことも振返って、成功パターンを導き出す。
そのために、今から自分でも「正しい」振り返りを行います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 雑談から始めましょう

  2. SNS投稿でイラっとするのは

  3. 他部署のメンバーを注意できますか?

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。