頑張る女性の「救急箱」

女性活躍推進 活動記録

「経営者は孤独だ」とよく言われますが、
結果を出していてデキる女性、バリキャリと周囲から見られている女性、
つまり「頑張っている女性」もかなりの割合で孤独なのです。

自分の身体が悲鳴を上げていることに気づかずに頑張り続けたり、
SOSを誰にも出せずに一人で思いや悩んだり。

今月になって、そんな「頑張っている女性」達から
まるで駆け込み寺のように相次いでSOSがありました。

私ができることは話を聴く。
人には言えない、誰にも言えないというその話を聴く。
そして、頑張らなくてもいい、
自分を何よりも大切にすることだとメッセージする。
それだけなのですが、そんな時間を皆さん心から喜んでくれます。

「由佳さんは私の救急箱」

今日の彼女がこんな風に言ってくれました。
ドクターじゃなくって救急箱。
勝手な私の解釈ですが、傷を治してくれる人(ドクター)ではなく、
傷を治すために自分でできるコトを選択させてくれる人(救急箱)なのかと
勝手にイメージしました。

素敵な褒め言葉だなと思いました。
そっかぁ、私は救急箱なのね。
でも本当は、傷を負わずにいつも笑顔でいてくれるのが一番。
だから、そのためのコツもちょっとだけお伝えしたりもしています。

それをするかしないかは、その人の選択。
あくまでも決めるのは貴女。

そう考えると、私という駆け込み寺は結構厳しいのかも。
だって、「自分で決める」とは言い訳ができない自己責任が伴うのですから。

それでもそれを良しとして、決断していく女性たち。
そんな彼女たちをもっと応援していきたいな。

そんなことを思うこの頃です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。