批判や否定を受け取った時の対処法

誰だって変わることができる

「良かれ」と思ってわざわざご意見いただいたり、
いわゆるフィードバックやご指導いただくことだったり、
アンケートやコメントという形だったり、
私たちは様々な場面で他人から「いろいろな言葉」を受け取ります。

その言葉に対して、
「ああ、確かにその通りだな」とか「それやってみようかな」
と思った時には、素直にありがたく受け取ることができますが、
「???」とほんの少しでも感じたり、
「ちょっと違うんですけど」「そんな風に言わなくても」
と感じる場合も時にはあるものです。
特にそれが否定的、批判的なモノであった場合には、
瞬時に素直に受け取れるかというと、そこまで人間ができていない私は
なかなか難しいものがあります。

そんな時にどうするか?

その場で反論したりスルーしたり・・・
等ということは致しません。
だって、もしかしたら、万が一にも、その「イタイ言葉」は、
実は「ありがたーい言葉」なのかもしれないのですから。

一旦、その場では「ありがとうございます。」「勉強になります。」
と言って、「受け止める」のです。

ここで間違えてはいけません。

「受け止める」のであって、決して「受け入れる」のではありません。

一旦、受け止めて、それをそのまんま持ち帰る。
そうしてどこかに置いておいて、眺めてみる。
その時にはわからなくても、夜になって、または一晩寝て、
もしかしたら一週間してから「わかる」のです。

「確かにその通りだな」と思うのか、
「やっぱり違うな」と思うのか、
そのどちらであるかは分かりませんが、自分なりの判断ができるのです。

せっかちな私はすぐに結論を出したくて、その時思ったこと、感じたことを
その場でそのまんま口にして過去に何度苦い経験をしたことか。
その一瞬の感情を表現することがいつも正しいとは限りません。
否定的批判的ボールを受け取った直後なら尚更の事です。
だって、瞬時に冷静でなくなっている可能性大なのですから。
「わかる」その時まで、受け止めたものをどこかに置いておけば良いのです。


一旦、受け止めて、置いておく。
そして、自分でわかるまで、なんとなく(ここ大事! 一生懸命ではないのです)
眺めてみる。

もし批判的、否定的言葉を受け取ってしまったなら、試してみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 余裕がないのはムダがないから

  2. ダメ出しポイントは強みでもある

  3. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。