品格は言葉に表れる

マネジメントこぼれ話 人間力

「尾藤さんは言葉遣いにうるさい」
とメンバーやクライアントさんにもよく言われるのですが、
これには私の譲れないポリシーがあります。

意識した言葉ではなく、
ふとした時に発した言葉、咄嗟に口に出た言葉、
普段から使っている言葉に、
その人の潜在意識に宿っているコトが
そのまま出てきていると私は思っています。


「一応、やってみる」「とりあえず頑張ってみる」
こんな言葉を聞こうものなら、「本気じゃないのね」と思います。

「あれは処理しておきました」「なんとかこなせました」
「処理」とか「こなす」とか、あり得ないでしょう?
あなたにとって、仕事っていったい何なの? と思います。


若いうちなら百歩譲って見逃したとして、
ポジションが上の立場の人の言葉遣いが拙いと、
私はその方の品格を疑ってしまいます。

それは標準語でなければダメとか、
敬語がちゃんと使えていないとか、
そんなことを言っているのではなく、
適切な言葉づかい・表現ができているかということです。


言葉は心の鏡です。
言葉遣いが荒い人は、どんなに身なりを整え胸を張っていても、
その方から品格は全く感じることができません。

だからこそ自戒の念も込めて、
日々の言葉を大切にしたいと思っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 「あなたの」問題は何ですか?

  2. それでは人はついてこない

  3. Needs と Wants

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。