売りたかったら伝えるのは「凄い!」ではない

誰だって変わることができる

これは絶対に人のためになる!

世の中に広く広めたい!

そんな思いで一生懸命商品の素晴らしさを語っても、語れば語るほど、お客様(になってくれるかもしれない人)は退いていく。

なかなかわかってもらえない。

説明が難しい商品だから、もっとわかりやすく説明しないと。

どうやったら理解してもらえるのかなぁ。

もうね、この時点でブブゥーーーです。

何故なら、人は理解して買うのではなく、感じて買うからです。

買い続ける消費商品なるなおさらです。

だから、必死で小難しい説明をすればするほど、なんだか面倒くさい→よくわからない→どうでもいい、となり、お客様は去っていかれます。

ではどうすればいいのか?

簡単です!

好き!!! を語るのです。

商品を使うことで得られる嬉しい!楽しい!ワクワク!ルンルン!を無邪気に語るのです。

もうね、コレが大好きなんだ~~~ とね。

とても嬉しそうに「好き!!!」を語るあなたに、相手は必ず興味関心を抱きます。

凄いを語るよりも好きを語る方が、聞いている人の心を遥かに動かします。

それはなにも商品に限りません。

この会社が好き!この仕事が好き!こうして伝えている自分が好き!

商品やサービスを広めたかったら、凄い!ではなく好き!なのです。

ちなみに、私はこの仕事が大好きです。だって、笑顔のお手伝いができるのですよ。こんな素晴らしいことはありません。人がサナギから脱皮して羽ばたく瞬間に立ち会えるのですよ。感動以外の何物でもありません。

必要なのは凄い!ではありません。

知識や権威を語るのではなく、愛を語るのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。