50点はワクワクする?

誰だって変わることができる

「これでどうよ!」
と自信大ありで私にロールプレイ動画を送ってくれた友人に
私のジャッジは残念ながらの「大甘で50点」でした。

落胆するかな?
怒るかな?

そんな私の思いをよそに、彼の反応は全くの別モノでした。


これで50点なんて、めっちゃわくわくしてきます!!
そんだけまだまだ伸びしろがあるってことじゃないですか!!


コップの水の「半分しかない」「まだ半分ある」は
よく聞く例ですが、
「伸びしろがまだまだある!」
の反応は私も初めて聞きました。

いえ、物事の捉え方として、そういう話は机上ではいくらでもあります。
しかし、自信ありの成果物に対して50点をつけられ、
それをいとも簡単に前向きに答えられる彼の器の大きさに、
ただただ脱帽でした。


ロールプレイの部分では私がトレーニングする側ですが、
どのようなスタンスでそこに臨むのか、
彼に限らず、クライアントさんの姿勢から見習うことが
本当にたくさんあるのです。


50点! と言われた時、
不機嫌になったり落ち込んだり自分を卑下したりするのではなく、
「ワクワクする」と私自身は心から言えるかしら?
自分の成長意欲に問いかけてみました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。