昨日の私より1ミリでも成長できただろうか?

人間力

コーチングを初めて学んだのは今から十数年前のこと。
当時勤めていた会社の上司から丁寧に教えられ、
「わかった」つもり、「できている」つもりになっていました・
つい数年前まで。

この頃になってとても思うのは、
コーチの人としての成長が乏しければ
良いサポートは難しく、
それは技術や経験などで補えるものではなく、
コーチこそ、まず、「人としてのあり方」を磨かなければ
何も始まらないのだという事です。

成人発達理論では、
「自分の発達レベル以上の相手を支援することはできない」
と学びましたが、まさにそれなのですね。


私がコーチングを取り入れた
コンサルテーションやプログラムを行っている以上、
まず何をおいても私がしなければならないいことは、
スキルや知識を磨くことではなく、
私自身の人としての成長です。


考えただけでも身震いします。
よくもまあ、この仕事を選んだものだと。

お客様と向き合いながら今日も自分を振返ります。


今日の私は昨日の私より、例え1ミリでも成長できただろうか。
明日の私が今日の私より、例え1ミリでも成長できるだろうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

  2. 実力って・・・

  3. 紙パンツを経験してみた

カテゴリー

アーカイブ