社員もパートも関係ない

マネジメントこぼれ話

時折残念に思う事に、
「●●さんはパートなので、研修は不参加です」
とか
「△△さんは社員なので、しっかり教育をお願いします」
など、
社員だから、パートだからと、共に働く人たちを分けて考える方が
とても多いことです。

社員だとか、派遣だとか、パートだとか、
それらは働き方、雇用形態の違いで、
いわゆる会社の都合であり、働く人の都合です。
そんなこと、お客さまには全く関係ない!
お客様から見たら、〇〇〇会社のスタッフさんを名乗っている人はみんな、
その会社の代表であり、その仕事をしているプロフェッショナル。
社員とか、派遣とか、パートとか、お客さまには全く関係ないのです。

なのに、どうして会社側は分けてアレコレ考えるんだろう・・・

電話対応であれ、メールであれ、もちろん接客が伴う対応であれ、
会社の看板を背負って皆、頑張って仕事をしているのですから、
必要な情報も、必要なトレーニングも、
働き方の違いであったりなかったりというのは
そもそも違うよな~、と考えます。

派遣やパートにまで社員研修のお金は出せない!

そんな風に考える会社は、きっと多かれ少なかれ、
時代の波に取り残されてしまうのではないでしょうか。

ちなみに弊社は、社員でもパートでもなく、
協力パートナーさんであっても、「このお仕事をお願いしたい!」
とこちらが思った方に何かしらのトレーニングやプログラム受講が
必要だと判断したら、全て弊社負担で受講いただきます。
それらは全て、お客様のためであり、すなわち弊社のためだからです。

お金の事だけではないですね。
様々な働き方、雇用形態があるだけで、
その会社で働く、同じゴールを目指しているという点では
誰であっても同じです。
ましてやお客様にとっては、社員もパートも関係ない。

経営者やマネージャーはこのことを
特に心に刻んでおいてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 余裕がないのはムダがないから

  2. ダメ出しポイントは強みでもある

  3. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。