説明するからうまくいかない

マネジメントこぼれ話

新人事賃金制度の説明会。
給与が上がる人と下がる人。
会社の将来と社員の未来を考えて、経営陣が練りに練って
ようやく創り上げた新しい制度。
理屈では分かっても、実質賃金が下がる人にとって、
簡単に受け入れられる話ではありません。

どうにか理解を求めようとする経営陣。
社員の言い分に耳を傾けはするものの、
結局は説明、説得に走ってしまう。

納得ができずに新制度を受け入れることができない
多くの社員がまだいることに、
自らの力不足を嘆く説明者。

一体何がいけないのか。
この手の話は100%の理解を求めるのが無理なのか。


新賃金制度に限ったことではありません。
例えば部門の統廃合。
経営難によるリストラ。
もっと身近で言えば転居を伴う異動だってそうですし、
転居を伴わなくても不本意な異動や担務の変更など、
当人の意に大きくそぐわない様々な決定事項は
組織にいる限り、つきものと言っても良いでしょう。

そんな時、なんとかYesと言ってもらおうと、
必死で説明したり、説得したり、
とかく理屈、理論であれこれ話をするのですが、
そうすればするほど、人の心は遠ざかっていきます。

しなければならないことは、説明でも説得でもなく、
その人の「気持ち」「心」に寄り添う事、
感情を受け止めること、
悲しみ、悔しさ、やるせなさ、歯がゆさ、怒り、苦しみなどなど、
その人の心を知ることです。

組織に所属している以上、どんなに不満を言ってみたところで、
決定事項が覆らないであろうことは、誰だって
頭の片隅では分かっているはずです。
最終的には受け入れざるを得ないのであることを。

ただ、それらを無理矢理押し付けられて、
不満の塊で引き続きコトに当たるのか、
本意ではなく受け入れざるを得ない事だけど、
せめて気持ちを分かってくれている人がいるのだと、
自分の中で気持ちにケジメがつけられているのか、
それでは、その後の行動に天と地ほどの差が生まれてくるのです。


だからこそ、説明側がしなければいけない事は、
説明でも説得でもなく、気持ちを受け止めるコト、寄り添うことなのです。
そしてもっと言うならば、
それ以前の問題として、普段からの関係性、
「〇〇さんの言う事なら、仕方ないね、受け入れよう」
と言ってもらえるような関係性、
つまり、こちら側の人間力を磨き上げておくことにあるのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. Needs と Wants

  2. お客様に育ていただくために必要不可欠な事

  3. 雑談から始めましょう

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。