年上の部下に悩むあなたへ

マネジメントこぼれ話

年上の部下にどう対応したらよいものか、悩む人は多いです。
上手くいっている時は大丈夫でも、
何か問題が起きた時、
例えば注意をしなければならない時、
苦言を呈する必要がある時などは、
部下と向き合うことが難しいと、
困り顔のマネージャさんからの相談が多く寄せられます。

ここで質問です!

年下だったら大丈夫で、年上だったら困る、悩む、
それは一体、何があなたを困らせるのでしょうか?
何があなたの思考や行動にブレーキをかけるのですか?

年下だったらOKなのに、年上だったら躊躇する。
どうして???

それはおそらく、いえ、絶対に、
あなたが意識してか無意識かは別として、
上司・部下(という呼び方が既にNGなのですが)の関係を、
上下の関係と捉えているからです。
(だから私は意識して、マネージャー、メンバーと言うのです)

自分の方が年下だけど立場は上だから気まずいな。偉そうに思われるな。

そもそも、その「立場が上」が間違いです。

上司、もといマネージャーはあくまでも役割であって、
あなた自身が人として偉いのでもなんでもありません。
ただ、経験や実績を踏まえてその役割を組織から与えられているだけで、
あなたが人として優れているのでもなんでもありません。
そこを勘違いして、「自分が上」などと、無意識であっても思うから、
言いづらい、気兼ねする、などとなるのです。

つまりは、あなたの大いなる勘違いが、あなたにブレーキをかけるのです。

あなたが偉いのでも優れているのでもなんでもない。
ただ、役割を与えらえているだけ。
小学校の時の日直さんと同じくらいに思っていればいいのです。

もしあなたが、年上の部下に対して何かしらの戸惑いがあるとしたら、
それは、あなた自身が勘違いしているのだと、
あなたも部下も、対等な人と人なのだと、
あなたが偉いわけでも優れているわけでもないのだと、
ちゃんとあなた自身に言い聞かせてあげてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. ダメ出しポイントは強みでもある

  2. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

  3. 実力って・・・

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。