その価値観、本物ですか?

誰だって変わることができる

あなたの価値観は何ですか?

そう聞かれて、すぐに答えられる人とそうでない人がいます。

価値観はその人のエネルギーの源泉。
それがあるから頑張れるし前を向けるし、
しんどいことも乗り越えられるし、
何より幸せを感じることができるのです。
ですから、自分の価値観をきちんと理解できていることは、
実はとても大切なことなのです。

ところで価値観は、生まれ育った家庭環境や学校、友人、
成人してからは職場環境などに影響されることが多くあります。

問題は、影響を受けて、それが自分の価値観だと思っていることが、
実はそれは擦りこまれた価値観であって、
あなた自身の本来の価値観ではない、
擦りこまたれが価値観によって、あなたの本当の価値観が
蓋をされてしまっている、ということがあります。

もし、あなたが喜びや幸せを感じづらくなっていたり、
モチベーションが上がるという高揚感を味わえなくなっていたり、
そんな時、もしかしたらあなた自身の本当の価値観が
何かで蓋をされてしまっていて、
だからエネルギーを発することができずにモヤモヤ状態が
起こっているのかもしれません。

つい先日、こんなことがありました。
50代半ばの大手メーカー管理職の男性。
若い頃から現場で叩き込まれたモーレツ社員(今や死語?)で、
「ラインの統率が何よりも大切。上司の指示を混乱させることは悪」
とずっと思っていたけど・・・・
「上司に従順であることは『美徳』ではない」
という考えを知って、目からウロコだった。
若い頃から何か違和感を覚えていたけど、
それが何かわからず、周囲の価値観を是として
それを自分の価値観としてしまっていたけど、
本当は、上司に提言すること、必要なことはきちんと言うことは
自分にとって大切なコトであり、
自分の本当の価値観がようやく目覚めた気がした。
と、こんなお話をしてくださいました。

何かどこか、引っかかる。
心の底から魅力を感じない。
何か違う気がする。

そんな場合、その価値観はあなたの本物の価値観ではなく、
擦りこまれた価値観なのかもしれません。


コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. できていなくても自由に発言を!

  2. ビジョン・ミッション・アイデンティティ

  3. 「できていること」と「できていないこと」を切り分ける

カテゴリー

アーカイブ