前提を疑ってみる

誰だって変わることができる

「3営業所に対して均等に関わりたいんだけど、
なかなか時間が取れなくて・・・」

3つの営業所を統括しているA部長の目下最大の悩みは、
物理的時間的制限の中で、いかにやりくりして、
均等にそれぞれに関わるか、ということでした。


「阻害要因は何がありますか?」

考えられることすべてを洗い出して書き出し、
視覚化して確認してもらいました。

「結局、自分の問題なんだよな・・・」
ポソリと呟くA部長。

お話を聞いていると、
A部長がやりたい事と実際に物理的に可能な事には
大きな乖離があるように感じました。

そこで私から更に質問してみました。

「3営業所、均等でなければいけないんですか?」


最初、鳩が豆鉄砲を食ったような表情をしていたA部長でしたが、
そのうち笑い出しました。

「そうだよね、そうだよ!勝手に均等って思い込んでて、
そもそも、3つを見ると決まった時、自分の中で比率は決めていたのに。
均等である必要ないんだよ。」

そして話はどんどんと具体的に進み、行動計画が考えられました。


アレコレ色々と考えて行き詰ってしまった時、
「もう、ダメだ・・・」「限界・・・」
となりがちですが、こんな時こそ、
そもそもの前提を疑ってみる
というのは大切なコトです。

私たちはいつの間にか自分で勝手に作った思い込みにとらわれて、
でも実はその思い込みは、大いなる勘違いだったり、
本当は全く必要のない考えだったりすることがあるからです。

行き詰ったら、困ったら、
前提を疑ってみる。


これ、結構お勧めです!

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 事実を淡々と伝える

  2. 相手から好感を持たれるコツ

  3. それ、強みです

カテゴリー

アーカイブ