部下がウソをついた

マネジメントこぼれ話

部下がウソをついた。

トラブルの隠ぺいをした。
報告書をごまかした。
周囲に口裏合わせを働きかけた。


こんな事実を知ったなら、
上司なら誰でもショックを受けるでしょうし、
部下に対して怒りを覚えることでしょう。

しかし、こんな時こそ立ち止まってください。

なんであいつはウソをつくんだ!?

ではなく、

何があいつにウソをつかせるんだ!?

と考えてみてください。

人を責めるのではなく、事実を捉えて、
否定すべきところはしっかりと否定し、
しかし、何が彼をそうさせたのか、その真因に気持ちを向けてください。

部下がウソをつく。
自分をよく(大きく)見せようとミスを隠す。

それらは認めてほしいという気持ちの裏返しかもしれませんし、
間違いや失敗が許されない環境が原因かもしれません。
上司のあなたはそんなつもりは全くなくとも、
部下は「全く認めてもらえない」「失敗は許されない」と
思い込んでいるかもしれませんbん。

何を彼をそうさせているのか。
そこを突き止めてください。

部下がウソをついた。
それはきっと、あなたやあなたのチームに、
何かしらそうさせる原因があるのです。
どんな時にも原因を内側に求めてコトに当たる。

そんなマネージャーのスタンスは、
あれこれ口うるさく指示する以上に、メンバーの心に響くモノが
あるに違いありません。


コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 課題とゴール

  2. 余裕がないのはムダがないから

  3. ダメ出しポイントは強みでもある

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。