過去に何を成したかは関係ない

リーダーシップ

部下から嫌われる上司の筆頭に
「過去の成功体験を自慢する」
「過去の成功体験にこだわる」
があります。

上司からしてみると、こだわったり自慢しているつもりはないのかもしれませんが、
部下から見ると、明らかに「している!」と感じてしまうのは
あるある話です。

上司に限らず、人は自分の成功体験を手放すことは
なかなか難しいものです。

成功体験があるから頑張れる! ということもありますし、
成功体験があるから自信を持てた! ということもあるからです。

しかし、成功体験に引きずられるということは、すなわち、
過去を事例に考え、判断してしまうということです。
これだけ変化の激しい時代、正解が目まぐるしく変わっていく時代において、
過去の成功体験にこだわることは自殺行為に等しいとも言えます。

過去に何を成したかではなく、今、何をしているか。
「今」こそが大切なのです。

上司を批判する前に、まずは自分を振り返り、
過去にこだわっていないか、今に注力しているか、
今の自分に意識を向けて、なすべきことをなしていきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. Needs と Wants

  2. お客様に育ていただくために必要不可欠な事

  3. 雑談から始めましょう

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。