ネガティブ・サポーターに感謝する

活動記録

企業様からのご依頼でチームのご支援をさせていただく時、
そのチームの皆さんが必ずしも全員、Wellcomeと受け入れてくださるのではなく、
拒否反応を示される方がいらっしゃいます。
その拒否反応も様々ですが、小さな抵抗のようなものから、
露骨に周囲にそれとわかる、明らかな嫌悪感、拒否感を
言動で示す方もいらっしゃいます。

今回、実に久しぶりに、実にストレートに拒否感を示される方が
参加者の中にいらっしゃいました。
実際、こういう方がいらっしゃると、私たちは非常にやりづらいのは事実です。

しかし、こんな場合、私はこんな風に思う事にしています。

ネガティブ・サポーターだ!

ネガティブ・サポーターとは、
私にとってネガティブな状態を作り出し、
そのことによって私の成長を促してくれるサポーター
という意味です。

イヤな人。面倒くさい人。
と思ってしまうと負の感情しか生まれません。

一方、人は逆境の時ほど智慧を絞り、成長の機会をつかむと捉えれば、
自分にとってそのような状況を与えてくれる人は
成長のサポーターとも考えることができ、
ネガティブ・サポーターにも感謝しなければとさえ思えてきます。

今回出会ったネガティブ・サポーターさんは
かなり強烈で、これまでになく私も悪戦苦闘しましたが、
ほんの少しの光明が見えた気もしました。

物事をどう捉えるか。
言ってしまえばそれまでですが、同時に、
捉えた物事をどう表現するかで、気持ちも一層変わってくるというものです。

ネガティブ・サポーターは成長を促進してくれる人。
そう考えたなら、出会った時には当たり!と歓迎しても良いのかもしれません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。