業績も大事、育成も大事

マネジメントこぼれ話

社会情勢の予測が困難な状況で、業績が急降下。
とにかく何とかしなければ! 
と、管理職であれば誰もが思うところですが、
例えばあなたが部門責任者だった場合、
即効性・確実性・実行効果を優先して
原因分析、対策、実行計画までを全てあなたが行い指示するのか、
多少のスピードの遅れはあるものの、
部下育成の観点をどんな時にも忘れずに、
今後の事も想定して、可能な限り部下を巻き込んで一緒に行うのか、
どちらを選択しますか?

とにかく一刻を争う! というギリギリの状態の場合、
迷う余地はありません。

しかし、業績悪化は誰しもが早急に改善したいところですが、
やり方を間違えてしまうと、
数字は上向いてしまっても、
一連の出来事による部下の成長は全くなされず、
ただ、部門責任者が必死に頑張り、部下は作業者として作業をしただけ、
ということでは残念な限りです。

これからの時代、ますますビジネスは難しくなるでしょうし、
それ故に、柔軟な思考やメンタルのタフさ、
なんとしてでもやり切る役割へのコミットメントが一層必要です。
ビジネスの難易度が上がることはあっても、
今より下がることはまずないと思って良いのです。

しかるに、今を乗り切ることにただ必死で、
その困難を乗り越える最も大変な部分を部下に経験させられないということは、
育成のチャンスを逃すだけでなく、
今後、ますます難しい問題が起こる未来への対応までも、
あなたが背負うことになってしまう、
その下地をあなた自身が作っているということに他ありません。

目先にとらわれて未来を見据える目を持たなければ、
その瞬間を乗り越えることはできたとしても、
来るべき未来がハッピーではないかもしれないということです。

業績回復は大切な事です。
しかし、部下育成も同等、いえ、それ以上に大切な事かもしれません。
二律背反の事態に見舞われたとしても、
どちらも両立する最善の策を常に考え、
今だけでなく、未来を見据えて今にこだわりたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 雑談から始めましょう

  2. SNS投稿でイラっとするのは

  3. 他部署のメンバーを注意できますか?

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。