メンバーに仕事を依頼する時

マネジメントこぼれ話

体調不良のメンバーに代わって、
その仕事の一部を引き受けたTマネージャー。
元気になって仕事の負担を負ってくれたことにお礼を言うメンバーに、
Tさんが返したコメントが何とも素敵なのです。

「いやいや、自分で一度やってみるのって必要だよね。
あんなに大変だって思わなかったもん。
気軽に頼んでたけど、もっと考えて頼まないとね。」

さらりと言ってのけるTさんですが、私は心の中で拍手喝采。

世の中のマネージャーが全て、こんな心の持ち主なら、
仕事を頼まれるメンバーも、自分に対して配慮してくれていると分かるでしょうし、
にもかかわらず、とんでもなく仕事がやってくる場合は、
よほどマネージャーが大変なのだと推測もつくというものです。

もちろん、全ての仕事をマネージャーが体験できるものではありません。
専門性などはもちろんの事、物理的に難しいことはたくさんあります。

大切なのは、メンバーを思いやる気持ちがあるかどうかです。

あなたはいかがですか?
ちゃんと考えて、メンバーに仕事を依頼していますか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 事実を淡々と伝える

  2. 相手から好感を持たれるコツ

  3. それ、強みです

カテゴリー

アーカイブ