メンバーに気持ちよく仕事をしてもらう方法

マネジメントこぼれ話

あれこれ口うるさく言わなくても、
メンバーが自分から進んで行動を起こし、
気持ちよく仕事に取り組んでくれて、
報連相もしっかりと上がってくるし、
改善、提案事項も適宜的確に行ってくれ、
成果もしっかりと上がり、
この上なく「最高!」の状態が保つことができているチーム。

チームを率いるリーダー、マネージャーなら、
誰しもこんなチームを創りたい!
と思うのではないでしょうか。

ちっとも難しくないですよ。
と言ったらあなたは信じますか?

いえ、それをできるかどうかは別として、
方法としてはいたってシンプル、難しい事ではないのです。

それは、「あの人のもとでなんて頑張れない!」
「あんな人のために努力したくない!」
と思われてしまうようなリーダー、マネージャーにならなければいいのです。

キライなリーダー、尊敬できないマネージャーのために
一生懸命に頑張るメンバーはいません。
もちろん、仕事はリーダーやマネージャーのためにするものではありませんが、
彼らがメンバーのヤル気を阻害する大きな要因になりうることは
紛れもない事実です。

自分が阻害要因にならない。
そのためにはどうすれば良いのか。

リーダーはリーダーとしての正しい役割を、
マネージャーはマネージャーとしての正しい役割を
しっかりと果せば良いのです。

目標や目的をしっかりと共有し、
全体に目を配り、気を配り、
情報を共有し、リーダーから進んで報連相を行い、
メンバーを助け、支え、彼らの困りごとに心を寄せ、
「こんなリーダー、マネージャーと一緒に頑張れることが嬉しい!」
と思ってもらえれば良いのです。

それにはまず、正しくしっかりと役割を果たすことです。

自分に甘えず、状況に甘えず、メンバーに甘えず、
行うべきことをしっかりと行うのです。

もし今、あなたのメンバーが気持ちよく仕事をしていないなぁ、
と思うなら、それは、あなたがリーダー、マネージャーとしての役割を
「正しく」果たせていないもかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 実力って・・・

  2. 紙パンツを経験してみた

  3. 目的は何?

カテゴリー

アーカイブ