エースにだって注意は必要

マネジメントこぼれ話

部署のエースや切り札的存在のメンバーが、
無意識に横柄な態度を取ってしまい、
他のメンバーから反感を買ってしまった時、
あなたはその事実をきちんと告げ、
エースメンバーに謝罪するように伝えることができますか?

相手がエースであろうが新人であろうが、
良くないことは良くないこと、間違いは間違いです。
事実を告げて自覚を促し、改善行動を心に決めてもらうことは、
単なるダメ出しではなく、
相手の成長を願っての行為であるはずです。

そうであれば、相手が誰であっても気後れすることなく、
事実を事実として告げることはできるはず。
人がNGで叱るのではなく、行動に問題があり指摘をしているだけです。
そこさえ間違えなければ、何ら問題はありません。

相手の成長を願えばこそのネガティブフィードバック。
しっかりと伝えることができるマネージャーでありたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。