リーダーの問題はチームの問題

マネジメントこぼれ話

リーダーとして自信がない
プロジェクトがうまく進まずストレスを抱えている
イライラしてメンバーにキツク当たってしまう

これらはリーダー個人の課題です。
しかし、リーダーの課題はチームの課題でもあります。

何故なら、それくらいにリーダーがチームに与える影響は絶大だからです。

リーダーに自信がなければ、指示があやふやになったり、
明確なミッションを示すことができなかったり、
決断が鈍ったり、どっちつかずの判断をしてしまったり、
チームに混乱をきたす要因になりかねません。
結果、メンバーに不安が生じたり、成果に影響を及ぼすことがあります。

リーダーがストレスを抱えていたり、メンバーにキツク当たることで、
メンバーはリーダーの顔色を見るようになったり、
委縮して意見を言わなくなったり、
チャレンジがなくなったり、ミスを隠すようなことが起きる可能性があります。

つまり!

私個人の問題だから!
といくらリーダーが言い張ったところで、
そういうわけにはいかないのです。

リーダーの問題はチームの問題であり、
だからこそ、リーダーは自分がチームに与える影響についてよくよく知ると同時に、
常に自らを整える努力を怠ってはいけません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。