それ、私のせいですか?

誰だって変わることができる

それって私のせい?
ちょっとちょっと、私が悪いわけ?
ちゃんとやってよ・・・

誰しもこんな風に思ったことの一度や二度はあると思います。
責任転嫁ではなく、本当にもう、「お願いしますよ」と言いたくなる時。
誰が見ても、「お気の毒様」な状態であり、
「本当にもう、ちゃんとしてくださいよ」と泣きたくなってしまう時。

しかし、こんな時こそ、相手のためではなく、自分のために
「学習者」でいたいものです。

ちゃんとやってよ。
私のせい?

という感覚は、いわゆるベクトルが相手に向いている状態。
相手が平身低頭謝るとか、前向きに善処するとか、
そういう目に見える行動が確認できたなら、
あなたのストレスは軽減されるかもしれません。
しかし、いつもそれらが確認できるとは限らないし、
それがすぐとも限りません。
その間、ずっと相手にベクトルを向けたままストレスを抱え続けるのは、
自分自身の精神衛生上、とても良くないと思うのです。

そうではなく、相手にベクトルを向けるのではなく、
「ちゃんとやってもらうために、どう関わっておけばよかったかなぁ」
「あそこでちゃんと確認、念押ししておけば、もっときちんとやってもらえたかも」
と自分にベクトルを向けてみませんか。
それらは自分に対してのbetter challengeですので、
いつ行動を起こしてくれるかもわからない相手に気を揉むよりも
遥かに前向きで、自分のためにもなるというものです。

実はつい先日、「え??? うっそぉ~。私のせい???」
とまさに感じることがありました。
正直、ムッとしたりもしました。
しかし、「いかん、いかん、被害者になってる」とすぐに思い直し、
「こうならないように、私は何をすれば良かったかな。今後のために、どうするのが良いかな。」
と考え、批判のベクトルを向けそうになった相手に対しては、
「あの時、〇〇をすれば良かったと反省しています」と
心からの言葉を伝えることができました。

それを聞いたお相手が、どう感じられたかはわかりません。
しかし、その方がどうかではなく、まずは私自身の気持ちが爽やかであることが第一です。

それ、私のせいなの????

と思う時はこれからもたくさんあると思います。
そんな時も、被害者意識を持つことなく、常に学習者のスタンスを
忘れずにいたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 犬語が通じないのではなく、ネコ語が理解できていない

  2. 実力って・・・

  3. 紙パンツを経験してみた

カテゴリー

アーカイブ