相手に期待できない時・・・

マネジメントこぼれ話

何回言っても進捗が見られない。
自分と同じ役割(役職)なのに、明らかに知識やスキルが違い、
苛立ちが募る。

こんな時、最初は一生懸命に対応していても
次第にあきらめムードが押し寄せてきて、
ついには「彼・彼女には期待しない」と思ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、もしあなたがマネージャーであるならば
(いえ、マネージャーでなかったとしても)
「彼・彼女には期待しない」と思った瞬間、
どんなに気をつけていても、あなたの言動にその思いが覆いかぶさり
相手にはそれが伝わってしまうのです。

自分はマネージャーから期待されていない。
自分は同僚から当てにされていない。

あなたにとってはイライラの連続の結果の、致し方ないことであったとしても、
相手から見ると、もしかしたら何か原因があるのかもしれません。

空回りしているのかもしれないし、
どんどん委縮して実力を出せなくなっているのかもしれないし、
仕事とは別の何か理由があって集中できないのかもしれないし、
それは丁寧に確認する必要があります。

過度の期待はメンバーを押しつぶしてしまう可能性がありますが、
期待しないということは、ある意味、無視と同列であり。
それはあなたの大切なチームに、あなた自身が気づかずして
毒素を吐き出していることに他ありません。

期待しないのではなく、期待できるところを探してみませんか?
結果・成果にばかり目を向けるのではなく、
その人のBeing, Doingにも意識を向けてみませんか?

それでもどこも、何もない・・・
ともし思うなら・・・・

その時は、相手を否定するのではなく、
あなた自身の「見る目」を疑ってみることもアリなのかもしれません。

マネージャーとはそれくらい、
「心」を大切にしていたいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 他部署のメンバーを注意できますか?

  2. 課題とゴール

  3. 余裕がないのはムダがないから

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。