コーチングもファシリテーションも万能ではない

活動記録

本人の自主性を重んじ、やる気を促し、
他責ではなく自己責任で物事に取り組んでもらうために、
押し付けるのではなく、
促し、引き出し、本人に決めてもらうというのは
大切なやり方です。

グループならファシリテーターが引き出す役割を担ったり、
コーチングをを行ったりということがあります。

しかし、それらは必ずしも万全ではありません。

これらが有効なのは、あくまでも「ベースがある」のが前提です。

サッカーのルールをよく知らず、
サッカー選手に必要な体作りについてもよくわからない人に、
「本人の考えを尊重して」などと言っても、
それは全くトンチンカンな話であり、
まずは必要な事柄を知ることが先決です。

同様に、ビジネスの場においても、
何でもかんでもコーチングやファシリテーションが有効なわけではありません。

ところが、これらを勘違いして万能選手として
取り扱う人達が意外にも多いのです。

知識やスキルが足りない人にはまず教える。
ルールを知らない人にはルールを教える。
全てはそこから始まります。

コーチングもファシリテーションもあくまでも手段であり、
全てにおいて有効ではないのです。
普段、これらを取り扱ってお客様支援をしている立場であるからこそ、
大切な事を忘れてしまわないよう、気をつけなければいけません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 雑談から始めましょう

  2. SNS投稿でイラっとするのは

  3. 他部署のメンバーを注意できますか?

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。