緊急事態宣言に思う

その他

新幹線を降りたのは21時過ぎ。
緊急事態宣言が発令され、外出自粛が要請されている中、
気まずい思いをしながら家路に急ぎます。

JR中野駅に着いたのは22時少し前。
そこで私は、心底驚きました。

東京駅構内よりも、中野駅前の方が人が多い。
しかも騒いでいる。
営業しているラーメン屋や牛丼屋。
入口ドアは締め切られ、店の中は満員の若者たち。

救急車のサイレンの音が響き、
救急車両不足で代行の消防自動車が、
駅横ビルであわただしく対応している。

酔っぱらって騒ぐ若者たち。
接客を伴う店の女性と酔っぱらって絡んでいる中年男性。

どうしてこの人たちはこうなんだろう?
創造力のかけらもないのかしら?

目の前の人たちを責めている私。
そこに気づき、そんな自分に嫌悪感を覚える。

我慢とか、忍耐とか、
目先の事だけじゃなくて、
創造力働かせて、
今の自分の事だけじゃなくて、
自分も含めた周囲の未来を思い描いて、
今、どうするのが良いか、
もっと一人ひとりが考えようよ。

政治を批判するのはいつでも誰でもできる。
でも、文句言ってるんじゃなくて、
まずは一人ひとり、ジブンゴトとして、
ちゃんと行動しようよ。

誰に言うでもなく、自分に言い聞かせてもいます。

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。