余裕がないのはムダがないから

誰だって変わることができる

忙しくて気持ちに余裕がない、
常に何かに追いかけられているような感じ。
食事をする時間も惜しい。
とにかく頑張ってやらないと、どうにも追い付かない。

こんな風に切羽詰まった感じ、
物凄く煮詰まった感じ、
気持ちにも物理的にも全く余裕がなくて、
本当に疲れ切ってしまっているあなた。

その余裕のない状態。
それを加速しているのは、あなたのその一生懸命な行動そのものです。

余裕とは、すなわち「ゆとり」があるということ。
ゆとりとは、すなわち「ムダ」があるということ。

余裕が欲しいなら、意識してムダを作りましょう。

ムダな時間なんか作ったら、
ますます時間が足りなくなって追い詰められてしまう・・・

そんな風に思ったあなた。
その考え方そのものが、ますます自分を追い込んでいるのですよ。

まずは美味しいコーヒーの一杯でも飲んでホッと一息ついてみる。
PCの手を休めて、首をぐるりと回し、腕を上下させ、ストレッチしてみる。

ほんの2-3分、その集中から意識を離したとして、
パフォーマンスにどれくらいの損失がありますか?
いえ、そのムダがむしろ、あなたをリラックスさせ、
新たな力を与えるかもしれませんよ。

生産性の向上は自分を追い詰めることではありません。
いかにパフォーマンスが上がるかの工夫をすることです。

必要ならデスクにお気に入りのフィギュアを飾っていも良いし、
足元に健康竹踏みグッズを置いて、刺激を受けながらだっていいのです。

今、あなたに余裕がないとしたら、それはムダがないからです。

余裕を持ちたいなら、意識してムダを作りましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 部下に謝る上司はうまくいく

  2. 上司ではなく同士でいる

  3. あなたの質問にメンバーが答えたくない理由

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。