課題とゴール

誰だって変わることができる

今のモヤモヤを何とかしたい、
今よりももっと成長したい、
と願う時、絶対に知っておいてほしいコトがあります。

それは「課題」と「ゴール」です。
課題とは、「今、自分は何に困っているか」または、「今、このことについてうまくいっていない」ことが
自覚できている、分かっているということです。
また、ゴールとは、「こうだったらいいな」「ここを目指すんだ」という
向かうところです。

この課題とゴール、両方あればベストですが、どちらか一つでも大丈夫です。
課題だけでゴールイメージを持てていなくても、「うまくいっていない」「違う気がする」と感じているということは、
本当はゴールイメージがあるということで、
ただ、言語化することができていないだけであり、
心の中か頭の片隅に確かに存在しているゴールイメージを
呼び起こしてあげることが可能です。
逆に、ゴールイメージだけで課題感がないという場合でも、
ゴールに達成できているか、よりゴールに近づくためには何ができるか、
を考えることで、それを課題と捉えるかどうかは別として、
今よりももっとさらに進んだ方がいいんだと意識することができ、
それによって前への進み方を工夫することができます。

困るのは、課題もゴールイメージも、両方がないことです。
いくら「成長したい!」と口で言っていても、
どこをどうしたいのか、どこを目指したいのかがわからなければ
成す術がありません。

しかし、多くの場合、これらも実は言語化できていないだけで、
本当はその人の心の奥深くか、頭の片隅に存在しているに違いありません。
何もない、何も持っていないという人はまずいません。
本人が顕在意識として気づけていないだけ、または言語化できていないだけなのです。

ですから、「問題意識ないから駄目なんだよ!」ではなく、
そこに気づくような、何らかのサポートができたなら、
その人は成長への道のりを進んでいく事が可能です。

課題とゴール
どちらも明確であれば良いですが、
どちらか一つでも大丈夫です。
大切な事は、それらをまずは自分の言葉で語れること。
しっかりと言語化できること。

それができれば、誰でも今より一層の成長が可能です。
だって、すべての人には無限の可能性があるのですから。

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 部下に謝る上司はうまくいく

  2. 上司ではなく同士でいる

  3. あなたの質問にメンバーが答えたくない理由

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。