雑談から始めましょう

組織開発

企業に義務付けられたストレスチェックは、
ある意味、恒例行事になってしまっているところもありますが、
このコロナ禍の影響もあり、
これまでよりも結果が悪く出たという企業、チームも多いようです。

そんな時、「コロナがなかったら」「コロナのせいで」
と言いたくなる気持ちも分からなくはないですが、
私から言わせていただくと、
「そんなの関係ない!」です。

コロナがあろうとなかろうと、
良いものは良いし、悪いものは悪い。
実際にチームに負荷がかかっている、疲弊しているのだとしたら、
理由の如何を問わず、それはチーム運営の責任者たる
マネージャーの責任です。

チームに負荷がかかる理由は様々でしょう。
結果が出ないことでストレスがたまるということもあるでしょう。
行動がうまくできない、
アイデアが枯渇してイノベーションが生まれない、
などの理由もあるかもしれません。

しかし、突き詰めていけば、
やはり「関係の質」に起因することがとても多いと思います。

では、関係の質を上げるにはどうしたら良いのか?

まずは「雑談」から始めてみませんか?
仕事の話を必要最低限しかしないチームに、
関係の質向上は望めません。

仲間の価値観を知り、思考のパターンを理解し、
強みや長所、弱みや短所を受け入れ、
安全安心な場である事、
自分の居場所だと感じることができる事、
それらが叶って初めて、関係の質も上がるというものです。

そのためにはまずは雑談から、
難しいコト抜きにして、
「自分」の言葉で自然に話すことができる雑談から
始めてみるのも良いと思います。

コロナだからこそ雑談が大切!
コロナになんか負けるもんか!
チームの力をあげあげに上げる。
そのためにまずは雑談から始めてみませんか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

メールでブログ購読(無料)

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

最近の記事

  1. 部下に謝る上司はうまくいく

  2. 上司ではなく同士でいる

  3. あなたの質問にメンバーが答えたくない理由

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。