メンバーの訴えが正しいとは限らない?

マネジメントこぼれ話

かつての大きな失敗談です。

少し内気な総務のKさんが、半べそかきながら私のところへ来て言いました。

「私、Aさんと仕事するのはもう嫌です。
いつも仕事は丸投げで、
遅いとか、まだできないとか、足引っ張るのかとか、
文句ばっかりで、ひどすぎます。」

Kさんはそう言って、過去の経緯も含めて、
Aさんと仕事をするのがいかに苦痛かを私に訴えました。

Kさんは決して仕事が早いタイプではありませんが、
責任感が強く、丁寧に仕事を仕上げていくので、
期日さえしっかりと前もって確認できていれば、
安心して仕事を頼めるメンバーでした。

一方、Aさんはチームの稼ぎ頭。
自分のペースでどんどん仕事を進めていき、
その流れを崩されるのが何よりも嫌い。
また、どちらかというと協調性があるタイプではありません。

私はAさんが会社に戻ってくると彼女のデスクへ行き、
Kさんが困っていることを伝えました。

すると、Aさんは物凄く反発し、
大きな声で私を罵ると、部屋から出て行ってしまいました。

扱いづらい子だな!全く!!!

しかしそれは、Aさんが扱いづらいのではなく、
私が悪かったのです。

Aさんから事情を聞いているつもりだったのですが、
私はKさんサイドに立った話し方をしていたようなのです。
ですから表面上は丁寧に質問していても、
言外の意味として、Aさんを批判していたようなのです。

あ~~~ やってしまった・・・

10年ほど前の大河ドラマ「篤姫」の中で、こんな場面がありました。
宮崎あおいさん演じる篤姫が、まだ島津家の養女となる前、
樋口可南子さん演じる母から言われる言葉です。

これから多くの家臣の上に立つ者として、「一方を聞いて沙汰するな」と。


とても心に留めていたはずなのに、
私はAさんに対して、実質的にはKさんの話だけ聞いて
ジャッジしてしまったのです。

何と、愚かな・・・


相手をどう思っているか、
相手に対してどう感じているかがベースにあるため、
何かの判断をしなければならない時、
そのベースが感情に左右されてしまうことがあります。

しかしそれは、判断を誤る要因であり、決してあってはならないのです。


AさんとBさんが揉めている。
互いの言い分をまずは何の感情も持たずに聞いてみる。

営業と技術が反目している。
公平な立場で双方の言い分をしっかりと聞いてみる。

間違っても、
Aさんはこういう人だから
営業はこういう体質だから
などの固定観念を抱いて接してしまうと、
せっかく聞いた内容も歪んだ解釈になってしまうかもしれません。

常に公平な真っ新な気持ちで、話を真摯に聞いてみることが大切なのです。

私がバイブルとする佐藤一斎の「重職心得箇条」第6条にも
次のようにあります。

「公平を失ふては、善き事も行はれず。
凡そ物事の内に入ては、大体の中すみ見へず。
姑(しばら)く引き除(の)きて、
活眼にて惣体の体面を視て中を取るべし。」


無限の可能性を秘めたあなたへ

誰であっても、「公平」「公正」に聴く耳を持っていますか?
感情に左右されず、全体を見る目を持っていますか?

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。