「べき」子からの卒業方法

誰だって変わることができる

かつて、私はかなり強烈な「べき子」でした。
そして問題は、この「べき」を相手にも押しつけてしまうこと。

しかし、今は「べき」子から卒業できていると自負しています。

では、なぜ私は「べき」子から卒業できたのか。
それは、最初からべき子を卒業しようと思ったのではなく、
あることをした結果、べき子を卒業できたのでした。

メンバーに色々な事を強要してしまうのは、
私にかなりの「べき」があるということに気がついたのは、
自分のマネジメントに悩み始めてずいぶん経ってからでした。
当時、自分は「べき子」であるという自覚は殆どなく、
それが「普通」だと信じて疑っていませんでした。

まあ、誰だって人はみんな、自分が基準であり、
「自分は普通」であり、相手がおかしいという、
なんとも自分勝手な生き物です。
ですから、私の「べき」が通じない他者はおかしな人だと思っていました。
本当に、傲慢な自分勝手な私だったのですね。


自分がかなりのべき子だと気づいたのは、
たまたま受けたアンガーマネジメントの講座がきっかけでした。
そこで、自分の「べき」を考えるワークをした時、
他の参加者と比べて、私はかなり強烈なべきの持ち主だと分かり、
ショックを受けたのを憶えています。

私は強烈なべき子である。
だから、メンバーに対して許せない事や我慢できない事の許容範囲が
他のマネージャーよりもだいぶ狭く、
また、自分の価値観を押しつけてしまうのだ。

自分のマネジメントの悪因がわかったような思いがしました。
このべき子を何とかすれば、
私もいっぱしのマネージャーになれるかもしれない。
でも、どうして私はこんなに人並み外れた強烈なべき子なんだろう。
なぜ・なぜ・なぜと、何度も自問自答を繰り返しました。

どうしてべき子なんだろう・・・・ 
⇒ 立派で人に認められる人間でなきゃいけないから。

どうして立派な人間じゃなきゃいけないの? 
⇒ そうでないと母に認めてもらえないから。

どうして母に認めてもらえないの? 
⇒ お姉ちゃんよりも全然劣っているから。

どうしてお姉ちゃんより劣っていると思うの? 
⇒ 子供のころからお姉ちゃんはすごくて、
私は全てにおいて劣っていて全然ダメダメな子だから。

そう!私は物心ついた頃から
「自分はダメ子」という考えが潜在意識に強く根付いてしまい、
その結果、実は、人並み外れて自己承認が弱いということが分かったのです。
全ての根本原因、真因はここにあったのです。
ブラックマネジメントだったわけも、
ガンダムスーツを何重にも着込んだのも、
剣を持って闘って自分を大きく見せようとしたのも、
原因は極端なまでの自己承認のなさだったのです。

そこからは、
「ありのままの自分=凸凹で完全でない、それでも愛すべき自分」を
まるごと受け入れるよう、様々な努力をしました。
(これについて話すと長くなるので、また改めて)
すると・・・・

自分を受け入れることができればできるようになるほど、
べき子の顔は影を潜め、いつの間にか、べき子から卒業できていたのでした。
今振り返ってみると、べき子時代は苦しかったな・・・。
そんな風に思います。

べき子から卒業できたおかげで、自分でも驚くほど気持ちに余裕ができました。
何より、楽に生きることができるようになったと思います。


無限の可能性を秘めたあなたへ

「べき・べき・べき」とがんじがらめになっていませんか?
あなたに「べき」がまとわりついていたとしたら、
どうやってそれを手放しますか?

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。