二度と相談したいと思わない上司とは

マネジメントこぼれ話

過保護な上司は部下の成長を阻害してしまいます。

だからと言って、部下の相談を何でもかんでも
「自分で考えろ!」
「お前はどう思っているんだ?」
でも困ります。

部下の年次、経験、役職、状況に応じて、
部下からの相談には臨機応変な対応が必要です。

経験値の浅い若手なら、
考え方や解決策を直接アドバイスるすることも必要です。
アドバイスだけでなく、解決行動を一緒に行った方が良い場合もあります。

中堅社員なら、考え方を教え、自分で結論にたどり着けるよう
導くことで、自分で考えることができるように学習することができるでしょう。
場合によっては一緒に考えてみることも必要かもしれません。

ベテラン社員や役職者であっても上司にSOSしたい時はあります。
そんな時は、本当に困っているのだと思います。

「部長、〇〇の件で相談があるんですが・・・」
と相談があったなら、まずはしっかりと話を聞いてあげましょう。
「課長なんだからもっとやることやってから言ってこい」
「ベテランなんだから甘えるな」
と言ってしまっては、は二度と上司に相談しなくなるかもしれません。


過保護はメンバーをダメにします。
だからと言って、突き放すことが善でもありません。
何ごとも加減が大切であり、
相手によって、状況によって、うまく関わり方を変えることが大切なのです。
何事も十把一絡げに片づけようとするのではなく、
きめ細かい対応が必要なのです。

無限の可能性を秘めたあなたへ

あなたはメンバーからの相談に、柔軟に対応できていますか?
その関わり方は、単に困りごとの解決にとどまらず、
メンバーの成長を促進していますか?


カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。