メンバーの事を本当に知っていますか?

マネジメントこぼれ話

「メンバーについてできるだけ『知って』ください」
という話を研修時によくするのですが、
そうすると、「もう何年も一緒にやっているので、よくわかっています」
と言うマネージャーさんがたくさんいらっしゃいます。

本当に、あなたはメンバーのことを「知って」いますか?
 一体、何を知っていますか?

相手との良い関係性を築くには、まず相手を「知る」ことからです。

自分に都合の良いフィルターをかけずに、
どうぞ、メンバーについて「知って」ください。


以下の項目について、あなたはメンバーについて、
一体いくつ「知って」いますか?

① 生年月日、出身地、出身校

② 家族構成(両親、兄弟姉妹、配偶者、子供、ペット)

③ 趣味、嗜好

ココまでは履歴書などから知ることもできますね。
けれども実は、ココから先が大切です。

④ 休日の過ごし方

⑤ 子供の頃の夢(なりたかった職業、目指していたコト)

⑥ 会社の本当の入社動機(
第一希望だったか、ココしか入れなかったのか・・・など)

⑦ 言われて嬉しい言葉、言われて嫌な言葉
(「さすが!」と言われたいのか、「助かったよ」の方が嬉しいのか、など)

⑧ 将来の夢、目標
(本当は将来は起業したい、地方にUターンして地域活性化に貢献したいなど)

⑨ 困っている事、悩んでいる事

⑩ 大切にしている価値観
(「一番」や「勝つ」ことが大切なのか、
「協調性」「連帯感」なのか、「自由」「挑戦」なのか、など)

①から⑩まで、
あなたがメンバーについて「よく知っている」と言うならば、
それは恐らく、あなた自身の①から⑩もメンバーはほぼ理解しているのではないでしょうか?

④以降、順を追うごとにかなり「プライべ―ト」な中身となります。

「メンバーに質問してみてください」とある研修で宿題にしたところ、
気持ちよく話が弾んだマネージャーさんがいた一方で、
「個人情報に踏み込まないでください」と
拒絶されたマネージャーさんもいらっしゃいました。
「残念ながら、信頼関係ができていないことを痛感した・・・」
とそのマネージャーさんはおっしゃっていました。

直接的に仕事に必要のない情報でも、
関わるのはロボットではなく「人」。
心のある、感情のある「人」なのです。
最後に人を動かすのは「理屈・理論」ではなく「心」です。

ですから、自分を知り、相手を知り、自分を知ってもらう。

そんな当たり前のことがとても大切なのだと思います。

あなたはメンバーのことをどれくらい「知って」いますか?

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録していただければ、お知らせ・ブログ更新時にメールでお知らせします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。